フォーグッドシングスを応用したストレス対策

みなさんは、ストレス対策ってしていますか?

現代社会でストレス対策をせずに生きていくということは
丸腰で戦場を歩いているようなものです。

現代で感じることのあるストレスは目に見えづらいものが多いです。

例えば、大昔であれば目の前の
不安や恐怖に対処するだけで生き延びることができました。
獰猛な動物や侵略者から身を守ることを考えたり
季節に合わせて備蓄したりすることで十分でした。
問題が明確だったんです。

しかし、現代は不安などが襲ってくることはあるものの
一体何に対して不安を感じているのかが分かりにくくなっています。

ローンの返済や子供の将来、自分の老後、健康面の心配など
はっきりしないことで悩むことが増えています。

ハッキリしないことで悩むとどうなるかというと
答えが出てこないので、悩む時間が増え人生を謳歌できなくなっていきます。

 

そうはなりたくないですよね?

僕も同じです。

 

なので、ひとつでも良いのでストレス対策を身につけましょう。

今回は以前紹介したフォーグッドシングスを
僕自身が実験台となり、その効果などを検証しました。
感想は「やらない理由が見つからない」です。

それでは、現代社会を生き抜くための心理学スタートです。

 

フォーグッドシングスとは?

フォーグッドシングスとは、
オックスフォード大学のエレーヌ・フォックス氏が提唱したストレス解消法です。

以前、こちらの記事にもまとめましたが
改めて紹介すると、

  1. その日あったネガティブなことを1つ書き出す
  2. その日あったポジティブなことを4つ書き出す

たったこれだけです。

その日のうちにあった出来事を書くので
就寝前に行うのがベストであると僕は考えています。

 

実際に行ってみて分かったこと

ではここで、僕自身が本当に効果があるのかを
検証するために1ヶ月間ではありますが
実際にフォーグッドシングスを行ってみましたので、
その感想や実感した効果などを紹介します。

実際にやってみるとわかることがいくつかありました。

 

①習慣付けやすい

何よりも優秀だと思ったのは、習慣づけやすい点です。
寝る前にちょちょいと書くだけで終わるので苦になりません。
枕元にレポート用紙とペンさえあればOKです。

 

②2分もあれば終わる

何もしなかった日でも、
その日あったネガティブなことと
ポジティブなことを書き出すのに
2分とかからずに終えることができました。

どれだけ悩んで書いたとしても
5分を超えるようなことは無いと思います。

 

③寝つきが良くなる

当たり前の話かもしれませんが、
就寝前にその日あった良いことを思い出すので
気分良く就寝することができます。

寝つきが悪い人がやるのもアリかもしれないと感じたほどです。

 

④ネガティブを最後に書くと寝つきが悪くなる

ネガティブを最後に書いてしまった日があるんですが、
その日は寝つきがとても悪かったです。
なので、まず最初にネガティブを書くことを肝に銘じておきましょう。

 

⑤嫌なことが起きても大丈夫だと思える

フォーグッドシングスを続けていると
目の前で嫌なことが起きたとしても
「今とてもネガティブな気持ちになったけど、悪いことばかりじゃない」
と考えることができるようになってきます。

毎日、ポジティブなことが
4つも思いつくんだから大丈夫だと自然と思えてきます。

 

更に効果を高める方法

フォーグッドシングスを試しているうちに
もっと効果を高める方法があることに気づきました。

ここでは、その気づきについて紹介しますね。

 

定期的に読み返すとさらにメンタル強化できる

フォーグッドシングスの良いところは読み返すことができる点です。

一冊のノートにまとめるようにしておけば何回でも読み返すことができます。
しかも、ポジティブなことが大半を占めているので、
自分の人生は良いことがたくさんあるという感覚になることができます。

自分の人生は充実しているなと感じられれば
余計な不安も湧きづらくなります。

結果的にメンタルが強くなる効果が高まると僕は考えています。

 

過去に書いたネガティブをリフレーミングする

リフレーミングってストレス解消のテクニックとして広く知られていますよね。
簡単に説明すると、ひとつの事象の解釈の仕方を変えるということです。

例を挙げてみましょう。

「引っ込み思案な性格」をリフレーミングするのであれば

  • 落ち着きがある
  • 冷静
  • 高圧的ではない

などが挙げられます。

この手法を使うことで
一見して悪いことのように感じられていたことを、
もしかするとこれは良いことだったのではないか?
と解釈の仕方を変えることができるようになります。

 

そして、フォーグッドシングスでは最初にネガティブを書くんでしたよね。

つまり、あとで自分が過去に書いたネガティブを読んで
リフレーミングすることができるということです。

どんなに辛いことでも時間が経てば客観的に見ることができるようになってきます。
なので、過去に書いたネガティブをリフレーミングすることは意外と容易にできます。

そうすることで、さらに自分の人生は良いことが多いんだなぁと感じられるキッカケが増えます。

 

総評

今回フォーグッドシングスを検証してみた結果、
習慣づけやすさではトップクラスだと思いました。

僕は意志力が弱い方なので何事も続けることが苦手です。
しかし、そんな僕でもできたので大抵の人はすぐに習慣にできるでしょう。

ただし、科学的な見地からフォーグッドシングスを見てみると
まだまだ研究も追いついておらず、
具体的にどの程度の効果が見込めるかはわかっていません。

ですが、悪い副作用が出た感覚は一切ないので
やって損はないかと思います。

効果や手軽さ、習慣づけやすさを5段階評価すると

3.5/5

と言ったところでしょうか。

是非試してみてくださいね。

それでは、今回はこの辺で!
また次回お会いしましょう!