意外と知られていない最強の呼吸法3選!

みなさんは、普段どのくらいの時間
呼吸に意識を向けているでしょうか?

実を言うと呼吸に意識を向けられている人って
ほとんどいません。

なぜかというと、
呼吸って意識しなくてもできますよね?
そうでないと、寝てる間に窒息死しちゃいます。

でも、意識的に呼吸を深くしたりすることもできます。

つまり、呼吸は意識と無意識が混同しているんです。

だからこそ、当たり前のようにできる呼吸に
意識を向けることが少なくなってしまいます。

そんな、当たり前にできる呼吸を意識的に行うことで
メンタルに大きな影響を与えることができます。

今回は、呼吸を使ってメンタルを安定させる方法を
3つ紹介します。



ちゃんと呼吸できてる?まずは、呼吸をチェックしよう!

みなさんは、ちゃんとと呼吸できているでしょうか?
できているに決まっていると思いますか?

最初に書いた通り、
呼吸って意識と無意識が混同しています。

つまり、無意識のうちに呼吸が浅くなっている
という場合があるんです。

というわけで、
一度自分の呼吸をチェックしてみましょう!

 

呼吸のチェック方法

まずは、床などの固めの場所に仰向けに寝てください。

(床は冷たいのでヨガマットなどを使うのがオススメです)

そして、右手を胸の中心に置き
左手をおへその辺りに置きます。
(左右逆でも構いません)

そして、ゆっくりと呼吸をして
お腹に置いた手だけが
上下に動いていれば正常です。

無意識のうちにストレスなどで
緊張状態になっている人は
胸が上がり気味だったり
お腹に置いた手があまり動かなかったりします。

理由は簡単で、ストレスを感じると人は
体に力が入ってしまう傾向があるため
上手く肺が膨らまなかったり
肩で息をしているような状態になります。

定期的にこの方法で呼吸をチェックして
無意識のうちに呼吸が乱れていないか確認しましょう。

 

最強の呼吸法3選!!

それでは、僕自身も使ってみて効果が高いと
感じた3つの呼吸法について紹介します!

お金も時間もそれほどかからない
呼吸の極意を会得しましょう。

 

【超意外!!】深呼吸の知られざる効果

みなさんは、今日何回深呼吸をしましたか?

思い出せない人が多いのではないでしょうか?
それは当然の結果で、特に意識していないからです。

しかし、世間では深呼吸するとリラックスできる
ということは広く認知されています。

なのに、できていない人がほとんどです!

 

ペンシルバニア大学での実験

ペンシルバニア大学は
「テスト期間中の学生たちの
ストレス緩和の最も効果的な方法は何なのか?」
を調査しました。

綿密に計画を立ててみたり、
ポジティブ思考をしてみたりと
効果のありそうなものを試しましたが
その中で最も効果が高かったのは
【深呼吸】でした。

しかも、簡単にいつでもできることから
これ以上に効果的で効率的な方法はないと判断されています。

今回紹介する手法の中でも、一番簡単な方法です。

 

バルーン・ブリージング

最強の呼吸法2つ目はバルーン・ブリージングです。
要は腹式呼吸のことで、
やることはシンプルですが
かなり効果が高い方法とされています。

それでは、主なやり方を解説します。

  1. 背筋を伸ばします。
  2. お腹の中に拳大の風船が入っていることをイメージ。
  3. 空気を吸うとその風船がお腹の中で大きくなっていることをイメージ。
  4. 空気を吐くと同時に風船がしぼんで元の大きさになることをイメージ。
  5. これを1日、5~10分程度行う。

文章にするとやることが多い印象があるかもしれませんが
実際には風船を意識して腹式呼吸をするだけなので
そんなに、難しいものではありません。

不安感などが減り、気分が高揚してくると言われているので
気持ちを上げたい朝に行うといいでしょう。

 

ボックス・ブリージング

このボックス・ブリージングは軍隊などでも
採用されている呼吸法です。
軍隊と言えば、緊迫した戦場などで
冷静に判断を下さなければなりません。

そんな時に気持ちを落ち着かせるために
この呼吸法が使われています。

やり方は簡単です。

  1. 4秒かけて息を吸う
  2. 4秒間息を止める
  3. 4秒かけて息を吐く
  4. 4秒間息を止める
  5. 1.に戻る

これの繰り返しです。

ただ単に数を数えながら
呼吸をするだけなので簡単ですね!

 

【実体験】スカイダイビングの直前でも効果を発揮!

これは、個人的な話なのですが
僕は10月某日に念願のスカイダイビングに行ってきました。

やりたかったこととはいえ、
高度3500mから飛び降りるのは
死への恐怖が伴いました。

そこで、ふと思ったんです。

「ボックス・ブリージングすればいいんじゃね?」

とにかく緊張でガチガチになった心身を
落ち着かせるために
ボックス・ブリージングを機内で行いました。

すると、自然と冷静な自分が戻ってきて
飛び降りるまでの手順を思い出し
インストラクターさんの指示を
パニックにならず忠実に守ることができました。

もちろん、こうして記事を書いているのですから
僕は無事地上に降り立ちました。

普段は感じることのない恐怖を感じた時も
この呼吸法は使えると僕は確信しているので
仕事で急なトラブルに巻き込まれたりした場合も
有効だと僕は思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
呼吸を整えるだけでもメンタルは十分良くなりますし
不測の事態が起きた場合も上手く対処できるようになります。

それでは、今回の要点をまとめておきますね。

  • みんな呼吸を疎かにしがち
  • 深呼吸をするだけでも十分メンタルは安定する。
  • バルーン・ブリージング(腹式呼吸)を1日5~10分程度するだけで余計な不安感などが減る。
  • ボックス・ブリージングは過度な緊張状態や不測の事態に対応するために最適な呼吸法である。

お金も時間もかからない呼吸法。
ぜひ試してみてください!

それでは、また次回お会いしましょう!