カップルが長続きするための5:1の魔法の比率とは!?

今の彼氏、彼女、はたまた夫や妻との関係を長続きさせたいですか?

大抵の場合は
せっかく一緒になったんだから
長続きさせたいと思いますよね。

というわけで、
今回は、長続きしたいカップルのための心理学です。

科学的に長続きするカップルの特徴や
その具体例などを紹介します。

5:1の魔法の比率とは?

いりなり、結論から話しますね。

この5:1の魔法の比率というのは

【ポジティブとネガティブの比率のことです】

つまり、ポジティブ5に対してネガティブ1
という割合でコミュニケーションを
取ることができているカップルは
長続きしやすいということがわかっています。

 

その精度は驚異の94%!!

この理論を提唱したのは
ワシントン大学のジョン・ゴッドマン名誉教授です。

彼は、700組の新婚夫婦の会話をたった15分観察し、
その会話の中でポジティブ、ネガティブな
言動の比率を割り出しただけで
その後10年後も夫婦でいられる確率を
驚異の94%の精度で当てることができたとのこと。

ほぼ確実に当てられたというのは面白いですね。

 

ネガティブはポジティブの何倍も強い

なぜ、5:1の比率になるのかというと
単純にネガティブな感情の方が
インパクトが強いからです。

以前、紹介した書くだけでメンタルを強化する記事
フォーグッドシングスという手法がありましたね。

あれも、ネガティブ1に対して
ポジティブ4で対抗していました。

どの文献を見ても、
ネガティブの方が圧倒的に強い
ということは分かっています。

 

魔法の比率を使った会話の例

それでは、具体的にどんな風に
この比率を使えば良いのかを紹介します。

例えば、こんな感じです。

彼氏「最近仕事が大変でさ…」

彼女「そっかぁ、仕事大変なんだねお疲れ様」
  「疲れてるなら少し寝てていいよ、傍にいるから」
  「仕事頑張ってくれてありがとね」
  「愛してるよ」
  「今日は○○君の好きなピザでも食べようか!」

労いの言葉や、愛を伝えること、支えてあげること
などもポジティブな言動に含まれます。

文章にするとなんだか
たくさんポジティブなことをしないといけないように
感じられるかもしれませんが実際はそうでもありません。

ネガティブな言動があった時に
少しポジティブな言動を意識するだけでも
十分効果があります。

 

ポジティブな言動をした人には、お得なボーナスがある

以前、親切にすると幸せになる
という趣旨の記事を書きました。

今回紹介した5:1の魔法の比率では
なんとポジティブな言動をした側に
親切にした際に発生するプラスの効果が期待できます。

ザックリ言うと、
メンタルが強くなり心臓病のリスクが低下し
老化を遅らせて、幸福度が上がります。

至れり尽くせりですね!

 

まとめ

今回の記事の要点をまとめておきますね。

  • ポジティブ5:ネガティブ1の比率でコミュニケーションを取るとカップルは長続きする
  • ネガティブはポジティブの数倍のインパクトがある
  • ポジティブな言動をした側にはメンタルが強くなるなどのボーナス効果がある

以上の点を踏まえてパートナーと関わってみてくださいね!

それでは、また次回お会いしましょう!