習得すれば一生モノ!悩みを軽くする他者視点を手に入れる3つの方法

2019年3月8日

生きていく上で、悩みというものは
確実に訪れますよね。
今までの人生で悩んだことがないという人は
いないのではないでしょうか?

どうも、
心屋認定カウンセラーの「犬太」です。

みんな悩みの1つや2つはありますよね。
悩みは基本的には絶えませんが
大きな悩みは解消したいものです。

今回は最初に
なぜ他所視点で考えられないのかなどの概要を軽く紹介した後で
「悩み」を軽くする他者視点の方法を解説します。
すぐに他者視点の話を知りたい人は目次欄から飛んで下さいね。




人は主観でしか物事を捉えられない

まず最初に知っておいてほしいのが、
人は主観でしか物事を捉えられません。

よく、「客観的な視点を持て」というような
言葉を耳にすることがありますが、
わざわざそう言わなければならないということは
普段は客観的な視点を持てないということでもあります。

 

人は常に「投影」をしている

心理学で言う「投影」とは、
自分の価値観などを相手も同じように持っているだろうと
感じてしまう現象のことです。

例えば、「自分がされて嫌なことは他人にしない」
という言葉は、この「投影」の典型例です。

つまり、僕たちは常に
自分ならこう感じる、こう行動する
といった自分目線で目の前のことを解釈します。

 

自分目線が悩みを泥沼化する原因

先述の通り、僕たちは自分目線でしか基本的には物事を判断できません。
しかし、この主観的な思考が悩み解決の妨げになっています。

僕がカウンセリングで話を聞いていると
「そんなわけないやろ(笑)」
と感じる話がよくあります。

例えば、
「私はみんなに嫌われている」
「もう一生彼氏なんてできない」
「職場で大変な失敗をしてしまった!もう会社に行けない!」

などなど、、、
冷静に考えれば
みんなに嫌われているわけがないし
一生彼氏ができないわけないし
失敗しても会社に行って良い。

でも、その人からすれば
大変な事態に陥っていると本当に感じてしまっているわけです。
その状態では、解決できるものも解決できません。

 

他者視点で悩みは軽くなる

では、どうすれば良いのかというと答えは簡単です。

他者視点を身につけることです。
そうすることで、自分の抱えている悩みから
一歩引いた視点で考えることができるようになります。

客観的に物事を捉えられるようになることで
自分が大げさに問題を解釈していたことや
そもそも、問題ではなかったことがわかります。

僕がカウンセリングの際に感じる
「そんなわけないやろ(笑)」
という気持ちを味わえると言った方が良いかもしれませんね。

では、そのやり方を3つ紹介します。

 

「もう主観に騙されない!」他者視点の練習法

では、主観に惑わされないための
他者視点の練習法について解説します。

①まず楽な姿勢になります

②目を閉じて、なにで悩んでいるのかを思い浮かべます

③視点を引いていき、悩んでいる自分の姿をイメージします

④さらにズームアウトして遠くの方から自分を眺めます

⑤そこで視点を固定し、通りすがりになったつもりで眺める

⑥悩んだ時はこの視点に変えるように心掛ける。

少し、難しいと感じたかもしれませんね。
ですが、慣れれば簡単にできるようになります。

そして
大切なのは、大した問題ではなかったと気づくこと。
それさえ、実感できれば悩みが軽くなります。

他者視点を身につけるためには少し練習が必要ですが
習得してしまえば一生使えるスキルになるので
是非試してみてください。

もっと簡単な方法はないの?
という声がありそうなので、
もっと簡単に簡易的にできる方法を紹介しますね。

 

友達にアドバイスするつもりで

一番簡単な他者視点の方法は
「自分と全く同じ状況に友達がなったら、なんてアドバイスするだろうか?」
と考えてみることです。

これだけでも、一歩引いた視点で今自分の身に降りかかっている
問題を解決する方法が見つかったり
それほど大した問題ではなかったと気づける確率がグンと上がります。

一番気軽にできる方法なので、僕がかなり重宝している手法のひとつです。

 

芸人さんが実践していた他者視点

とある芸人さんが、テレビで
「悩んだときはどうしているのか?」
と尋ねられていました。

すると、その芸人さんは次のような手法を紹介しました。

①まず悩んでいる自分を想像する。

②そして少しずつ真ん丸な地球が見えるくらいまで視点を引く。

③その地球を手の平に乗せるイメージをする。

④最後は『グッバイ!』の一言と共に地球をデコピンで空の彼方へ吹っ飛ばす。

これ、バカみたいですが意外と効きます。
僕もたまにやります。

そして、この話をしていたのが
ずん飯尾さんです。


NEWSポストセブンより引用

最後に「グッバイ!」で締めくくられているのが
なんとも、飯尾さんっぽい気がしますね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
他者視点は侮れないということが伝わったのであれば嬉しいです。

今回紹介した3つの方法は
どれも僕が実践してみて効果が高いと思ったものを厳選しています。
一定の効果は見込めると思うので是非お試しください。

それでは、また次回お会いしましょう!